« 公園の跡 | トップページ | でんきを消して »

2004.11.15

時間の長さ

過去と未来、どちらの方が長いんだろう?

041115.jpg
CONTAX T2 / Carl Zeiss Sonnar T* 38mmF2.8 + RVP100

|

« 公園の跡 | トップページ | でんきを消して »

Contax T2」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

過去と未来はどちらが長いか・・・とりあえず現在は「一瞬」ですね。

投稿: No.192 | 2004.11.15 01:34

またまた,素敵な写真ありがとう。いい光を見つけるものですね。感心です。
さて,このたびT3(新品)も買っちゃいました(^^ゞ
ただ,電源入れた時のレンズの繰り出し音,シャッター切ったときの音,これがいずれも変なんでよ。異音と言えると思う。でもって本日返還,他の新品との交換ということになりました。結構,ハズレ掴まされます。
皆さんはいかがですか?

投稿: Nagaやん | 2004.11.15 15:05

T2の一連の作品…共通の「ちょっとノスタルジックないい雰囲気」は、周辺減光が寄与しているように思われるのですが、これはレンズの特性?それとも画像処理?
土曜日は新5合目で寒い思いだけしてきましたぁ。(^^)

投稿: よしざわ | 2004.11.15 20:08

こんばんわ。

>Nagaやんさん
T3もいいですね。
T2を買おうと思ったとき、「T2か?T3か?」とずいぶんと悩みました。
ボディだけでなく、レンズの設計がまったく異なるので、余計に悩みました。T2で後悔はしていないですが、余裕があればT3も所有したいですね~(^^;

>よしざわさん
仰せのとおり、周辺減光がみそですね。
これはこのレンズの特性です。
オートでスキャンしてちょっとシャープをかけていますが、基本的にノーレタッチですよ。
天体写真なんかだと周辺減光はご法度なんですが、この減光結構気に入ってます。色もちょっと湿気を帯びたように(?)写ります。
T2フリークの間では「絵画的な描写」と呼ばれているそうです。

投稿: ライナス | 2004.11.15 23:21

>絵画的
フリークが何を指してそう呼んでいるのかは分かりませんが、レンブラントなんかが、意図的に使っていたのは確かですね。
http://www.gloryofdresden.com/modularbuilds/samson-co.html
だとすると、この表現は「劇場」の影響を受けたという説がありますので、舞台的と言ってもよいかも。(日本では薪能かな?歌舞伎も朝の薄明時に太陽をスポットライトにしていたとい時期があったらしい)
私は、むしろ映画のフェイドアウトを思い出します。通常のカットがリアルタイムでの視点の切り替えに使われ、フェイドアウトは回想からのもどりや、しばらく後に…といった時間経過の表現に使われることが多いようです。
写真の「読み手」は、こういう暗黙のお作法をどこかで体得していてイメージを重ねるので、昨日撮った写真でも「思い出感」みたいなものを感じます。
少々長くなりましたが、こういう美意識を大切にしているライナス殿の作品は、限りなく過去が長いのだと思います。

投稿: よしざわ | 2004.11.16 00:03

>よしざわさん
なるほど。言い得て妙。
こうしてレンブラントの絵を見ると周辺減光が「写真的」(笑)

投稿: ライナス | 2004.11.16 00:30

この記事へのコメントは終了しました。

« 公園の跡 | トップページ | でんきを消して »