« 焦点距離年齢説 | トップページ | 流行語大賞 »

2004.12.02

魅惑のLX

PENTAX LXといえば、当時の旭光学工業創立60周年を記念して作られたペンタックスの記念碑であり、メカニカルSLRの至宝。
アラビア数字の60がローマ数字ではLXなので、“LX”というネーミングになったそうだ。すでにKXやMXが世に出ていたことを思えば、語感的にも違和感のない“LX”は秀逸なネーミングだったと思う。
ところで、来年2005年は創立85周年のはずだ。ひとつ記念モデルの発売を期待したいところ。
仮に、創立85周年を記念するカメラをLX式にローマ数字に置き換えると“LXXXV”。エルトリプルエックスブイ…(長い)。(^^;
90周年だとランクが上がって“XC”となり、100周年は“C”だ。段々つまらなくなるな。
もっとも、80周年であった2000年のミレニアム記念モデルのネーミングは“LXXX(エルトリプルエックス)”ではなく“LX me”でもなく、“LX2000”だった。
来年はLX生誕25周年でもあることだし、限定生産で“LX2005”とか“LXII ”とか出ないかな~。ぜひシルバーボディで。(^^;

041202.jpg
CONTAX T2 / Carl Zeiss Sonnar T* 38mmF2.8 + E200

|

« 焦点距離年齢説 | トップページ | 流行語大賞 »

Contax T2」カテゴリの記事

PENTAX」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真機材」カテゴリの記事

コメント

子供のころアルプスは10000mよりちょっと低いと確信していた。カネボウのアイスクリームは、原料に石油などが使われていないかと疑っていた。朝日新聞の記者は全員ペンタックスを使っていそうな気がしていた。すべて本当です。(^^;)

投稿: よしざわ | 2004.12.02 02:00

自分の場合は「親父が持っているカメラ」ってだけで、「アサヒペンタックス」がナンバー1カメラメーカーだと思ってました。(^^;

思い込みといえば、
小学生の頃、「月極駐車場」のツキギメが読めず、ゲッキョクと読んでいました。
それだけならまだ良いのですが、どこに行ってもゲッキョク(月極)という文字を見かけるので、「月極」という全国的な駐車場チェーンだと思っていました。すごい会社があるものだなぁと思っていました。(笑)

投稿: ライナス | 2004.12.02 05:30

私はLXデジタルパックを期待したいですね。
大きな買い物をしてしまったので
発売されても購入は出来ませんが。

投稿: あらびー | 2004.12.02 19:38

>あらびーさん
僕もあの威光を前にしたら、ついカッとなって買ってしまうと思います(^^;

デジバックですか。。
LX-D…なんてのが出たらそそられるだろうなぁ…。

投稿: ライナス | 2004.12.02 20:24

この記事へのコメントは終了しました。

« 焦点距離年齢説 | トップページ | 流行語大賞 »