« 毎週火曜定休日 | トップページ | 魅惑のLX »

2004.12.01

焦点距離年齢説

「焦点距離年齢説」というのがあるらしい。
20歳なら20mm、35歳なら35mm、50歳なら50mmが生理的に合うという、写真家・高梨豊氏が唱えた経験論だそうだ。年齢とともに把握できる空間・視界が狭まるということらしい。もちろんここで言うのは35mm判の焦点距離換算。
僕は35歳だから35mmあたりがちょうどいいということになる。最近お気に入りのCONTAX T2は38mmだ。ふむ、なるほど。当らずとも遠からずといったところ。
でもちょっと待て。僕は天体写真を主力に撮っている。やっぱり力を入れて撮っている領域に当てはめねば。
僕は広角、それも周辺が歪まんばかりの超広角やフィッシュアイが好きだ。大体21mmとか24mm。フィッシュアイは射影方式が違うけど16mmだ。おお!実年齢よりかなり若い!!10代~20代だ(笑)
一方、仲間のをの字の主力鏡は800mmだ。いや、彼は6×9判で撮っていたから、35mm判換算で同画角を得るには400mm程度だ。うーむ…(^^;
仲間のむつらぼしは、たとえばビクセンVMC200Lにビットランの冷却CCDカメラBJ-41Lでディープスカイを撮ったりしている。VMC200Lの焦点距離は1950mmだ。35mm判換算で同画角を得ようとしたら7800mmだ(笑)。仙人かい(^^;

どうも天体写真屋には、この説は当てはまりづらいようです。
(自分のだけは当てはまっていてもいいけどね(^^;)

041201.jpg
CONTAX T2 / Carl Zeiss Sonnar T* 38mmF2.8 + RVP100

|

« 毎週火曜定休日 | トップページ | 魅惑のLX »

Contax T2」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

「焦点距離年齢説」ですか、面白いですね。
28mmのコンパクト(TC-1とGR-1S)を使いますが、私は31歳なので31mmのレンズって随分中途半端...と思っていたら丁度良いのがあるではないですか「31mmLimited」が!
32歳になってしまう前に慌てて買いに行きます(^^;

投稿: No.192 | 2004.12.01 02:42

ということは、
36になる前に俺に「T3(ゾナー35mm)も買え」ということだろうか?(^^;

投稿: ライナス | 2004.12.01 09:28

わたしも2000mmのCCD。(^^;)昇天距離は確実に縮まっている。

投稿: よしざわ | 2004.12.01 09:58

上に同じ・・・あ、でも一応6×9ですが・・・。
試してないけど2800mmにもなるなあ・・・超じじい?

投稿: りょーじん | 2004.12.01 12:48

焦点距離はどんどん伸びても、昇天距離は確実に縮みますな…(^^;;

投稿: ライナス | 2004.12.01 23:18

やっぱり天文屋は秩序を乱すなぁ。(^^;)前々のエントリーなんかは、正しいカメラ好きの、良識あるコメントが、いいハーモニーを奏でているのに、ここでは天文屋が入ったとたんにボケの連打。m(_ _)m

投稿: よしざわ | 2004.12.02 00:33

この記事へのコメントは終了しました。

« 毎週火曜定休日 | トップページ | 魅惑のLX »