« コゲ | トップページ | 農閑 »

2005.01.21

五島プラネタリウム星の会

まだ小学生だった頃、星に関する知識を得るのは、もっぱらプラネタリウムや書籍からだった。
近所の町田・東急の屋上にはプラネタリウムがあり、毎月自転車で通った。(月毎にプログラムが変わるため)
そして年に1、2度は渋谷の五島プラネタリウムに行った。

中学生になると、「五島プラネタリウム星の会」の存在を知り入会した。主な活動は毎月の例会で、解説員が天文に関する様々な話題をプラネタリウム投影と合わせて、懇切丁寧に教えてくれた。毎月第2日曜日のAM9:30~…、僕はこの例会を毎月楽しみにしていた。
例会は一般投影の前に行われていたが、僕は例会が終わっても帰らず、そのまま一般投影の列に並び一般投影もハシゴして楽しんでいた。当時は、プラネタリウムのある8階から5階や6階まで長い行列が出来ていたものだった。
星の会では、毎年一度星のきれいな場所へ行く合宿があった。天文台付ペンションの老舗・小谷村の「ペンション星の家」や野辺山なんかに連れて行ってもらった。

050121_2

五島プラネタリウムは、2001年3月11日東急文化会館の閉館と共に44年の歴史に幕を下ろした。それは僕にはとてもショックな出来事だった。

今はもうプラネタリウムには行かない。リアルの星空の素晴らしさを知ってしまったから。
でも、あの頃のプラネタリウム通いがあったから今の自分がある…。こうしたことに理解を示してくれた両親や叔父にはとても感謝している。

|

« コゲ | トップページ | 農閑 »

天文」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

五島プラネタリウムですか? 私も小さいころよく、母に連れられて、行ったものです。(はるか遠い昔ですが・・・)
そのとき、”明けの明星”、”宵の明星”なんて言葉を覚えました。

投稿: ClieistD | 2005.01.21 14:02

渋谷の閉館間際、メガスターの繰演があったのはいいとして、
ガ○ダムのCGムービーの上映もやっていたのでした^^;
星の世界の方には複雑な思いでござろうなあ、
などと考えたことを思い出しましたです。

投稿: 敦仔 | 2005.01.21 15:17

星の会に入っている友達がいて、星に詳しく、すごいと思っていた。
中学生のころは一般投影に毎月通っていたなあ。
そういえば、休日は階段を伝ってずっと下の階まで並んでいましたね。

投稿: リリーのおにいちゃん | 2005.01.21 16:12

はじめまして。TBありがとうございます。
五島プラネタリウム星の会、そういうのがあったのですねー。
私は行きたい時にふらっと行っていました。
今は子どもを連れて、近くのプラネタリウムにたまに行きますが、こじんまりしているし解説もいまいちだったりします。
渋谷のプラネタリウムがなつかしくて、また見たかったなーと思ってしまいます。

投稿: さんご | 2005.01.22 08:15

>ClieistDさん
「明けの明星」「宵の明星」…その他、数多の知識をあそこで浴びせてもらいましたが、今だにほとんど覚えていることに自分で驚きます。
子どもの頃の吸収力ってすごいなと思います。

>敦仔さん
ガ○ダムですか…_| ̄|○
メガスターは観に行きたかったですねぇ。
あ、たしか今は台場の科学未来館で見れたはず。

>リリーのおにいちゃん
僕の中では、階段に長蛇の列ができていた記憶しかなかったのですが、閉館のころには閑古鳥状態だったとか…。
直前には駆け込みでずいぶんと混雑したようですが(^^;

>さんごさん
生解説が楽しかったですね。
お気に入りの解説員さんがいたりして。(^^;
入口のところに、その日の解説員のタイムテーブルが表示してあって、お目当ての解説員さんの時間まで下階の本屋でひまをつぶしたりしたものでした。
ライブ感覚が楽しかったですね。

投稿: ライナス | 2005.01.22 09:16

ども、初めまして
なんだか共通する話題の多そうな所ですね。今度ゆっくり拝読させていただきますね。
建築にも写真にも興味ありです☆

投稿: 恋ヶ窪 | 2005.01.25 10:37

>恋ヶ窪さん
はじめまして。
星と写真と音楽と建築、諸々好きです。
これからもよろしくです。

投稿: ライナス | 2005.01.25 22:37

はじめまして。トラックバックありがとうございました。

私は明石の天文科学館にお世話になっていますが(ここもツアイス投影機+生解説)、五島プラネタリウムも何度か立ち寄ったことがあります。私は茨城の田舎で育ったので、プラネタリウムとは縁のない子ども時代を送っていました。近所にこんな館があったら、もしかしたら、ひょっとしたら、今とは違う道を歩んでいたかもしれないなぁ、なんて思ったりもします。プラネタリウムは星空だけでなく、そこに関わる人や人のつながりも教えてもらえる場所ですよね。

投稿: ふくだ | 2005.01.26 23:08

>ふくださん
はじめまして。コメントありがとうございます。
明石の天文科学館も老舗ですよね。

プラネタリウムのおかげで今がありますし、そこをきっかけに築かれた人脈もありますし…。
人生において重要なことを教えてくれた場所ですね。

投稿: ライナス | 2005.01.26 23:29

私はちゃんとしたプラネタリウムって見たことがありません。小学生の時、学校に小さなプラネタリウムがあって、理科の先生に見せてもらった記憶はありますが・・・星の話は残念ながらあまり覚えていませんけど。(^^;
この先生は、全校朝礼のときなどに校長先生の話の後で、最近学校の近所で見つかった化石とか発掘中の遺跡やそこから見つかった土器の話などをよくしてくれていました。今から思うと良い学校だった気がします。

投稿: ich | 2005.01.27 23:33

>ichさん
たぶんみんな同じ様なことを学校で見聞きしているんだろけど、「どこに食いつくか」なんですよね。(^^;
あの頃食いついた「星」を今も追いかけてるとは…、幸せだと思います。

投稿: ライナス | 2005.01.28 00:18

TBありがとうございます。
皆さんやはりそれぞれにプラネタリウムの思い出があるんですね。
幼稚園の頃にプラネタリウムの遠足があったのですが、星を見に行くと言われててっきり夜だと思い込み、良い子は9時に寝ないといけないからと泣いて拒んだ記憶がありますが・・。^^;

その頃にあったプラネタリウムは、館長さんがなくなった次の年に残念ながら閉館してしまいましたが、和歌山市立こども科学館に全ての資料が寄与され、今もそれを見ることができます。
その市立のプラネタリウムは番組ごとにリーフレットを発行していて、写真は全て館長さん(天ガでは超有名な方です)が撮ったものなのですが、これがまた素晴らしく綺麗で楽しみです。

学生の頃は明石に下宿していたので、僕も明石の天文科学館はよくお世話になりましたよ。

投稿: Fuuma-mfuk | 2005.02.07 20:21

>ふうまさん
TBありがとうございます。
そうですね、、子どもに芽生えた興味の芽を摘まずに援護してやる環境も重要でしょうね。
その点、自分は幸せであったと思います。

投稿: ライナス | 2005.02.07 23:04

突然のカキコ、失礼します。
私も「五島」で育った世代でして、懐かしくコメントを読ませていただきました。
で、URLに載せたとおり、何と渋谷に「五島」の資料と人材を再活用したプラネタリウムができるというではありませんか!
ちょっと規模が小さそうなのは気になるところですが、何はともあれ渋谷に五島テイストのプラネタリウムができるなら大歓迎です。

投稿: HiRO | 2005.06.30 19:19

>HIROさん
こんばんわ。
耳寄りな情報ありがとうございます。
五島プラネ卒業生としてはとても嬉しい話です。
村松解説員の心温まるナビゲーション…、また聞きたいなぁ。

投稿: ライナス | 2005.06.30 23:20

この記事へのコメントは終了しました。

« コゲ | トップページ | 農閑 »