« 輝く虹の彼方へ | トップページ | [ 無題 ] »

2005.06.11

木村伊兵衛写真賞の30年

川崎市市民ミュージアムへ、友人に誘われていってきました。
行ったことが無かったのですが、会場は意外に近所なのでした。

時代を切り開くまなざし -木村伊兵衛写真賞の30年- 1975-2005
2005年4月23日(土)~6月19日(日)

写真界の「芥川賞」とも言われるこの賞の、過去30年の受賞作の中から約400点もの作品が展示されていました。お腹いっぱい。

今見ても輝きを失っていないもの、今見ると“古いなぁ”と時代を感じてしまうもの…、いろいろありましたが、90年代以降の受賞作に心惹かれてしまうのは、やっぱり自分自身の社会人生活とリンクしているから?かなぁ。

番外編として、木村伊兵衛のパリで撮ったカラー写真も展示してあり必見です。

|

« 輝く虹の彼方へ | トップページ | [ 無題 ] »

写真」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
とてもセンスのあるBlog
ですね。
今後もよろしくお願いします。

投稿: hoty | 2005.06.12 12:11

>HOTYさん
こちらこそありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。

投稿: ライナス | 2005.06.12 18:03

はじめまして。TBありがとうございます。
自分もリンクしてるのかな?と思いました。
あの展示は良かったです。

ご自身も写真撮られてるんですね!
では、また見に来ます。

投稿: shiro | 2005.06.13 21:42

はじめまして。TBありがとうございます。
自分もリンクしてるのかな?と思いました。
あの展示は良かったです。

ご自身も写真撮られてるんですね!
では、また見に来ます。

投稿: shiro | 2005.06.13 21:42

>SHIROさん
コメントありがとうございます。
ボリュームのある写真展でした。
作家毎に微妙に点数がばらけていたのが、ちょっと気になりました。

投稿: ライナス | 2005.06.14 00:22

この記事へのコメントは終了しました。

« 輝く虹の彼方へ | トップページ | [ 無題 ] »