« [ 無題 ] | トップページ | [ 無題 ] »

2007.03.09

あれから10年…

ちょうど10年前の1997年3月9日、僕は極寒のモンゴルにいました。

070309_4

生まれて初めて皆既日食というものを見るためにモンゴルに遠征したのです。この遠征の顛末はサイトに少しだけ書き記してあります。
折りしも、あのヘール・ボップ彗星(C/1995 O1)が近付きつつある最中のモンゴル遠征。これは、“皆既日食”と“大彗星”を見る/撮るという一大イベントであったとともに、ある意味僕の人生を変えてしまった出来事でした。

070309_3

この時、かつて親父が使っていた一眼レフカメラ・ペンタックスSV+スーパータクマー55mmF1.8を押入れから持ち出し、フジクロームプロビア100(RDPII)を入れて挑んだのが、僕の初めての天体写真でした。
当時は、富士フイルムのG400という“赤が写る”オールマイティな定番カラーネガフィルムがあったにも関わらず、「何故、いきなり素性の分からないリバーサルフィルムを使ったのか?」…当時の自分に問いただしてみたいものですが(^^;、きっと気合いの表れだったのだと思います。
ちなみにG400といえば、当時はどこに行ってもコンビニで売っていました。フィルムが切れても現地調達できたんですね。後に定番中の定番リバーサルフィルムとなるコダック・エクタクロームE100Sが発売されたのもこの頃です。
この初めての撮影は決して満足行くものではなかったんですが、初めて使ったリバーサルフィルムの美しさに魅了され、以来夢中になって星空を撮り続けることになったのです。

070309_2

あれから10年…。僕は多くの時間を星空の下で過ごし、様々なシーンに出会ってきました。
そしてこれからの数十年…。きっとこれまで以上の時間を星空の下で過ごすことになります。一体どんなシーンが待っているのか…とても楽しみです。

|

« [ 無題 ] | トップページ | [ 無題 ] »

天文」カテゴリの記事

撮影行」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ライナスさん、ご無沙汰です。

>きっと気合いの表れだったのだと思います。

わかるっ!(なんて言って良いのかな?) 私も理由はないんですけど、リバーサルって見た目でわかりますから綺麗に写りそうな気がしてよく使ってました。400D,P1600D,etc(でもなぜかFujiばっか・・・)今考えれば何で使っちゃった??そういうの多いです。

投稿: りょーじん@船橋 | 2007.03.09 22:43

G400で撮っておけば良かった…!(^^;
あの頃にもう一度戻って、今の機材で撮り直したいです。

投稿: ライナス | 2007.03.12 00:59

この記事へのコメントは終了しました。

« [ 無題 ] | トップページ | [ 無題 ] »