« [ 無題 ] | トップページ | HABU-KABA展 9日目大入り »

2008.07.12

イット・バイツ

19年前にとても観たかったライブ映像をYouTubeで見つけました。
80年代後半に活躍した“It Bites”(イット・バイツ)というイギリスのプログレ系のバンドで、デビュー時からずっと追いかけていたんですがアルバム3枚であっけなく解散してしまったグループです。当時はかなりガッカリしました。1989年に来日したんですがこの時のライブには行けずじまい。
CDのライブ盤は聴きこんだんですが、これまでライブ映像を見たことがありませんでした。こんなに手軽に観れるなんて…いい時代です。

このグループは4人編成で、ヴォーカル(フランシス・ダナリー)がギターも兼ねているのでリードパートが偏り気味。
ライブCDでは音が薄くなってしまうのでギターをオーバーダブしているものとずっと思ってましたが…、テケテケとちゃんとギター弾きながら歌ってました。ごめんなさい。やっぱりこいつ凄かった…!
さらに調べたらDVDが出てました。やっぱりいい時代です。

It Bites - Kiss Like Judas (Live) / It Bites(1989)


Still Too Young To Remember (Live) / It Bites(1989)

ちょっとピーター・ガブリエル似の声とテクニカルなギタープレイが好きでした。
少し前に再結成しているようですが、残念ながらフランシスは参加していないようです。

|

« [ 無題 ] | トップページ | HABU-KABA展 9日目大入り »

プログレ」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。