« デジタルカメラマガジン 2009年12月号 | トップページ | [ 無題 ] »

2009.11.23

Beautiful Night

ポール・マッカトニー再評価キャンペーン(!?)第3弾です。

Beautiful Night / Paul McCartney

「Beautiful Night」は、1997年のアルバム「Flaming Pie」のラス前は入っている美しいバラードです。オーケストラスコアはジョージ・マーティン(ビートルズのプロデューサーだった人)が書いて、アビーロードスタジオ(ビートルズがレコーディングを行ったスタジオ)でレコーディングしたそうです。
このアルバムは、80年代末からバンド形式で活動していたポールが、自宅スタジオで、基本的に1人で(多重録音)レコーディングして制作したそうです。癌で闘病中だった妻リンダもコーラスで参加しています。翌年リンダはこの世を去っているので、きっとこのアルバム作りは二人の最後の時間を確かめ合う大切な作業だったんじゃないかなぁ。

リンダは、ポールと音楽活動を始める前は写真家でした。本アルバムのジャケット&インナー写真は、ほぼ全部リンダの写真が使われています(ほとんどプライベートショット)。「ほぼ」というのは、一枚だけポールの撮った写真が載っているからです。
ブックレットの最後のページに、ポールの撮った妻リンダのポートレートが載っているんです。これがすごくいい写真で、アルバムを一層味わい深いものにしていると思います。病み上がりっぽい姿のリンダはちょっと痛々しいですけど、いい笑顔しています。
手作り感のあるほっこり温かいアルバムで、先日紹介したFlowers in the Dirt」と並んで好きなソロアルバムの一つです。

この「Beautiful Night」のPVはとても幻想的な映像です。ライトダウン?!してます。
カメラを持ったリンダがちょこっと登場しています。
また、この曲はリンゴ・スターが参加して話題になったんですが、終盤ドラム叩いている姿が見れます。歌も歌ってますが、「これはどう聴いてもリンゴだろ(笑)」と一聴してそれと判るくらい大々的にフィーチャーされてます。

|

« デジタルカメラマガジン 2009年12月号 | トップページ | [ 無題 ] »

ロック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつの間にこんなシリーズを始められていたんでしょうか。見逃してました。

「Beautiful Night」、僕も好きな曲の1つです。もちろんアルバム自体も好きですが、ポールらしい、いい曲だと思います。個人的には「Tug of war」の「Wander Lust」をちょっと思い出します。

確かにリンゴの声は丸聞こえですね(笑)。

投稿: yimamura | 2009.11.23 04:28

▼yimamuraさん
こんばんわ。
とりあえず3曲紹介しましたが、続くかな…?(^^;
「Tug of war」は僕も好きです。

投稿: ライナス | 2009.11.29 22:16

この記事へのコメントは終了しました。

« デジタルカメラマガジン 2009年12月号 | トップページ | [ 無題 ] »