« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018.08.17

ジョン・アンダーソンのピースフルな世界

Jon Anderson - Vicenza 29-11-07 5ジョン・アンダーソンの至高のヴォーカルが聴ける曲を集めてみました(自分用プレイリストとも言う)。

彼の関わった楽曲は、バンド、ソロ、他アーティストとのコラボなど多岐にわたり、さらにゲストボーカルとして参加した楽曲まで含めると膨大です。でも、セレクトは特に難しい作業ではなく、単純に好きな曲を選んだだけです。
自分の好みからいって、「まぁ、そうなるだろうなぁ」と予想していた通り、ミディアムテンポのリリカルな小曲ばかりになってしまいました。YESからの選曲はたった一曲。

プログレファンとしては、彼のホームであるYESの代表曲を中心にセレクトするのが自然なのかもしれません。しかし、彼のピースフルな世界観の具現には、YESという個性の強いメンツの集まったバンド形態より、ソロ制作(あるいはヴァンゲリスとのコラボ)のように柔軟な環境の方が適していると思うんです。

最初、片っ端から挙げていったらそこそこの曲数になってしまったので、ここは12曲に絞りました(切りよく10曲と行きたかったけど、それはなかなか難しい作業…)。
この12曲、そして惜しくもここには載らなかった次点曲を見てみると、Jon and Vangelisの“Page of Life”とソロの“In the City of Angels”からのセレクトが多く、つまりこれらのアルバムは僕のお気に入りってことです。

こうしてあらためてセレクトし聴いていると、僕はYESのファンというより、ジョン・アンダーソンのファンなんだなぁ…と思います。やっぱりジョンのヴォーカルには癒される。
もちろん、YESの長大/技巧曲も大好きですけどね。

続きを読む "ジョン・アンダーソンのピースフルな世界"

|

2018.08.12

[ 無題 ]

180812
Full Moon rising through the Belt of Venus and Earth's shadow

|

2018.08.01

ウェブサイトを常時SSL化しました

この度、ウェブサイト「心象星景寫眞館」および「ライナスの隠れ家」を常時SSL化(ウェブサイト全体の通信を暗号化するセキュリティ対策)しました。
これに伴い、URLが以下のように変更になりました(頭の“http://”が“https://”に変わりました)。

■ 心象星景寫眞館
[旧] http://takeishingo.com/
[新] https://takeishingo.com/

■ ライナスの隠れ家
[旧] http://www.strange-stargazers.jp/linus/
[新] https://www.strange-stargazers.jp/linus/

なお、“http://”へアクセスされた場合でも、“https://”へリダイレクト(自動転送)されるため、ブックマークやお気に入り登録などはこれまで通りご利用いただけますが、お手数ですが新URLで再登録していただけたら幸いです。

今後とも、弊ウェブサイトをよろしくお願いいたします。

|

« 2018年7月 | トップページ